叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて12話のネタバレ

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
12話はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて
10円キャンペーン実施中!!

ハンディコミック【【10円CP】叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてver2[フューチャーコミックス]】LP1※スマホ専用

▲画像をタップして立ち読み▲

甥っ子に乳首を責められ思わず声が漏れる叔母さん

 

12話タイトル 安全日過ぎてるからナマは駄目だって!
配信サイト ハンディコミック
対応機種 Android・iPhone
12話ポイント 64pt

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて12話 あらすじ

第12話 安全日過ぎてるからナマは駄目だって!

「ゴム付けてるし、少し締め付けてあげようかな」

気持ちよくしてもらったお礼か、アソコの締めつけサービスをしてくれる叔母さん。

刺激に弱い幸平は締め付けられた瞬間に「あっ…!!あひっ!!」と言ってイッてしまう。

ゴムの中がパンパンになるぐらい大量の精子を放出し、あまりの気持ちよさに放心状態の幸平。

しかし若い幸平のアソコはすぐに回復しまた勃起してくる…

「さぁ部屋に戻りましょう…」

叔母さんがそう言った瞬間…

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて12話続きはコチラ

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて12話 感想

幸平に押し倒されて抵抗しようとするが、乳首をつままれ力が抜けて抵抗できない叔母さん。

叔母さんの感じるポイントを知った幸平はひたすらそのポイントを責め続けます。

そこを責められると叔母さんも声が漏れ、アソコがキュンと感じてしまうようですね。

今まで幸平とのセックスでは無表情だった叔母さんが、感じちゃってます!!

もう関係を終わりにしたいが、幸平に弱みを握られ抵抗力が弱まっている叔母さん。

この後の展開が非常に楽しみです!おばさんが幸平にイカされる日も近いでしょう(^^